検索順位 上げる 方法

検索順位を上げる方法 ~Google・Yahoo・Bing~

アフィリエイトをするのに検索順位を上げることは必須です。グーグルでもヤフーでもどこでも通用するSEO対策をお伝えします

即座に実践可能!検索順位が上がる驚きの4つの方法!!

読了までの目安時間:約 8分

検索順位上がる

 

 

基本的には外部リンク対策として一番効果がある被リンク獲得のための方法になります

 

 

 

即座にできる対策は限られているのですが、この記事で検索順位を手間をかけることがなく上げていくことをテーマとして解説していきます

 

 

 

手間をかけるSEO対策が一番効果があるのですが、あと検索順位が10位だけ上がってほしい人や最後のダメ押しとしては

かなり効果がある方法なので参考になるはずです

 

 

 

もしライバルサイトが多すぎて上位表示することが出来ないキーワードでしたら

パーフェクトサテライトライター2 PSW ver.2の購入を検討してもいいかもしれません

 

パーフェクトサテライトライター2はサテライトサイトを自動で作成するので狙ったキーワードでは上位表示することが容易になります

 

 

コメント周り

 

サイトのコメント欄にはコメントを書くことができます
その記事に対しての感想だったり意見を投稿することができるのです
そしてこの時、だいたい自分の名前のところが自サイトにリンクがつながるようになっているはずです

 

 

ここでのポイントが自サイト検索順位を上げたいキーワードを含んで書くことにより狙っているキーワードでのアンカーテキストでリンクを送ることができます

 

 

例えば、私の場合『賢治』が名前なのですが、アフィリエイトで稼ぐのキーワード上位表示したい場合、

 

 

『アフィリエイトで稼ぐ@賢治』等することによりアフィリエイトで稼ぐがアンカーテキストに含まれることになるのです

 

 

中には、コメント欄のものには、nofollow属性がついているものもあるのですが、

 

 

もしnofollow属性だったとしても相手とのコミュニケーションによってリンクにつながることもあるので大事にしていきましょう

 

 

 

ソーシャルブックマーク

 

ソーシャルブックマークは私的にかなり効果が期待できますので紹介していきます

 


※2016年になってどんどんサービス提供が終了しています

 

 

 

この上記のソーシャルネットワークではnofollow属性のリンクもついていないので単純に被リンクとして獲得できます

 

 

一度に全て登録することはいきなり被リンクが増えてグーグルに

不自然と目を付けられるのも嫌なので一日に一つ程つけるようにしましょう

 

 

上記の五個のサイトからバックリンクをもらうだけでかなり検索順位が上げることが期待できるはずです

 

ただ上記のNewsingはセルフアップが禁止されているので、誰かに投稿してもらう必要があるのですが、

 

どう見ても自分で投稿したものが沢山あるのが現状ですね

 

 

 

中小の検索エンジンへの登録

 

 

中古の検索エンジンはいまだに被リンク獲得としてもかなり効果が期待できます
しかし、中小検索エンジンは沢山の数がありどこに登録する必要があるかわからない場合が多いです
それに、中小検索エンジンによっては登録することがマイナスに働いてしまこともあるので気を付けましょう

 

登録条件としては下記のものを選ぶ必要があります

    • 直リンク型
    • nofollowの記述がされていない
    • Googleのページランク評価が高い
    • サイトを開設してから1年以上経過しているサイト
    • 登録に審査がある
    • 登録する際に画像認証チェック等ツールによる登録をブロックする対策が施されている
    • 利用規約や問い合わせ先(連絡先)が掲載してあるサイト
    • 登録の条件に相互リンクやメールマガジンの購読がない
    • 新着のコーナーを見て最近登録されたサイトがある
    • インデックスされているページ数が多い
    • 関連性のある検索エンジンで、運営サイトと同じカテゴリーがある
    • カテゴリ分けがしっかりされている
    • アンカーテキストにキーワードを含める事ができる


こんなにチェックするのが面倒の人は私が個人的にSEO効果が高かったものを紹介していきます

 


サイトランキング系

 

そして、最後になりますが、ランキング系のサイトに登録することも被リンク獲得につながるのです
更に、ランキングサイトではランキング上位に入ることにより検索順位が低くても直接サイトに訪問してくれるのです
上位に入っているだけで自分のセルフプランニングにもなるので即席できるかなり有効な手段のはずです

 

 

それに、実はランキングには攻略が存在するので、上位に入ることは困難ではないので是非挑戦してください

 

 

主流ですが、おすすめのランキングサイトを紹介します

 

 

 

 

上記の被リンク獲得のための作業はほんの1、2時間で終わる作業でかなりの見返りが期待できる内容になっているはずです

 

 

検索順位を上げたい人はこれらを実践してから面倒なことに入ることをおすすめします

検索エンジンBing(ビング)の重要性と検索順位を上げる方法を暴露!

読了までの目安時間:約 8分

Bing(ビング)という検索エンジンは利用したことはありますでしょうか?

 

 

日本でBing(ビング)のシェア率は10パーセントに達していないので知らない人が多いかもしれません

しかし、日本ではGoogle、Yahooの次にシェア率が高くなり無視できない存在になってきたのは確かです

 

 

検索順位をチェックするサイトでもだいたいBingでの順位も結果として表示されます

 

 

 

しかし、国内シェア率が低いのは間違いありません。ですから、SEO対策と言えば基本はGoogleの対策になります。

 

 

そのため、ネットで調べても日本のサイトではBingのSEO対策情報はほとんど出てきません。

 

 

『じゃあ、BIngについては無視していても大丈夫なのか?』というと、最近のBingの動向を見ていると拡大傾向があり

 

 

日本でのシェア率も上がっていき、アメリカYahoo!が検索エンジン部門でMicrosoftと提携を結んだこともあり、今後Yahoo!ジャパンでの検索結果にBingの影響が出てくる可能性が大きくなってきています

 

 

だとしたら、今から少しでもBingの検索エンジンの知識に触れて検索順位を上げる方法を知っていても損はありません

 

 

Bingでも英語ではありますが、ガイドラインを公開されています

 

 

ざっとseoのところを見るとGoogleのガイドラインを大方知っている人にとっては知っている事ばかりです

 

 

基本的なサイト構造の適正化だったり、あえてビングで対策しなければならないことはこのガイドラインを見る限り無いのです

 

 

おそらく、もっと入り込んだ内容は記載されていないのではとも思います

 

 

『やっぱりBingの対策必要ないじゃん』と思うかもしれませんが、私がBingとグーグルとの検索順位でかなり差がありアルゴリズムが違うのだろうと確信が持てる事項がいくつかあるので解説しています

 

 

 

Bing(ビング)ならでの特徴があるので紹介してきます

 

 

日本語ドメインが効果がない

 

今現在Googleでは日本語ドメインが増えてきています

 

なぜなら、グーグルにおいて日本語ドメインには効果的な評価を受けることができるからです

 

それに、日本語ドメインでは日本人ユーザーにとって、わかりやすく、有効な方法だとわかります

 

しかし、Bingでは日本語ドメイン恩恵をほとんど受けることができない印象を受けます

 

ビングでのサイトでは日本語ドメインでの上位表示しているサイトがグーグルやYahooにくらべ圧倒的に少ないのです

 

GoogleとYahooは同じアルゴリズムを採用しているので検索結果はほぼ同じようになります

 

私が、運営していたキャッシング審査のサイトでは検索順位が3位だったにも関わらず、Bingでは18位でした。

 

こう見ると日本語ドメインの効果はほとんどないように感じます

 

 

 

Bingでは無料ブログの検索順位が上がりにくい

 

Googleではドメイン等の恩恵で無料ブログが検索順位がすぐにあがり上位表示されやすいです(その代わり検索順位は下がりやすいですが)

 

私が、無料ブログでサイトを量産していたとき、Googleでは一時的ではありますが、

 

結構の確率で上位表示することができたのですが、Bingでは上位表示することがいっさいありませんでした

 

Bing全体的に見てもblog系のサイトは上位表示していることがほとんどありませんでした。

 

アルゴリズムから推測すると、被リンクの効果がGoogleに重要視されていないので

 

ブログのドメインパワーがあまり効果を持たないのかもしれません

 

傾向としては、独自ドメインが上位表示されやすいですね

 

 

 

Bingで検索順位を上げる方法

 

 

いままでの事をまとめますと、

 

 

  • 日本語ドメインではなく英語のドメインの取得
  • 無料ブログではなく独自ドメインの取得
  • 他、Google同様のSEO対策を講じる

 

 

そして、最後になりますが、Bingのウェブマスターツールに登録しましょう

 

 

これも、かなりの効果を期待できます

 

 

というのも、Bingのウェブマスターツールに登録している日本語サイトは圧倒的に少ないので

 

 

Bingの方に、自分の存在をアピールできるのです

 

 

実際にも、大きな効果があり、Bingウェブマスターツールに登録したサイトが2つあるのですが、

 

 

Bingでは二つとも検索順位が1位なのです

 

物販アフィリエイトのやり方とコツでもSEOに対して詳しく書いています

 

しかし、どう見ても他のサイトに勝っているところがわからないのです

 

 

被リンク数やコンテンツを見ても自分のサイトと差があるのです。

 

 

もちろんグーグルでは自分のサイトはかなり検索順位が下がってしまうのです

 

 

Bingウェブマスターツールの登録があるおかげで、1位を獲得しているのだろうと考えられるのです

 

 

このBingの国内シェア率は3位ですが、されど3位です

 

 

Bingで上位表示することができたのならアクセスは少なからず来るのです

 

 

 

検索順位アップの為にコンテンツの価値を高める大切さ

読了までの目安時間:約 4分

 

今、グーグルではアルゴリズムが変化していきだんだんと記事のコンテンツを最優先としてサイトの評価を決めている傾向があります

 

では、検索順位を上げる為にも記事のコンテンツの質を上げる為に具体的に記事をどのくらいのボリュームでかけばいいのか、キーワードはどのくらい混ぜればいいのか、どのような情報が喜ばれるのかを紹介していきます

 

 

 

ページの文字量の適正

 

上位表示されるためには何文字ぐらい書いたらいいのかわからない人がかなり多いかと思います

 

 

これはしっかりと何文字が正解という数値は無いのです

 

 

ユーザーがその記事を読んで納得できる記事を書くことができるのなら極端な話100文字以下でもいいのです

 

 

しかし、実際問題、それは難しいので、長すぎる文でユーザーに途中で読むことを放棄させない分量で

 

納得してもらう内容を記載することができることが理想なので1000文字程度で記事を完結できればいいですね

 

 

 

 

 

キーワード比率の適正

 

情報商材やSEOノウハウ本では記事内で狙ったキーワード(タイトルに含むワード)は記事内容で5%程度含めると理想的だといわれていました

 

 

ただ、キーワード比率も大切ですが、その関連キーワードも文中にでるのでしたらあまりにしなくてもいいのです

 

 

それよりも記事のコンテンツの質が高くなることを考える方が有意義に上位表示を狙うことができます

 

 

コンテンツの質を考えるのでしたら、よりコンテンツの内容が専門性を持っている記事を書くことがよりSEO的にも評価が高い物を作成することができます

 

新しいコンテンツの提供

 

ユーザーはどのような情報を欲しいのかというと新しい情報が欲しいのです

 

 

例えば、2014年のSMAP情報ではなく2016年のSMAPの情報が欲しいのです

 

 

ユーザーが新しい情報が欲しい事はグーグルにとってユーザーが求めているものを評価を上げるので

新しく、新鮮な情報が配信されやすい、ものを評価してくれるのです

 

 

つまり、サイトの更新頻度が高いサイトが評価されるということなので、なるべく毎日更新することを心がけましょう

 

 

ロングテールキーワードで検索順位を上げる方法論!

読了までの目安時間:約 5分

GoogleやYahooまたBing等で検索順位を上げるためにはキーワード選定が重要になってくるのである

 

キーワード選定によって検索順位が上がり上位表示できるかどうか掛かっていると言っても過言ではないのです

 

いまからいくつかキーワードを選定する際重要なことを紹介していきます

 

 

 

ロングテールキーワードで攻めていこう

 

ロングテールキーワードとは、複数の様々なキーワードの組み合わせにより検索されるキーワードです。
1単語のキーワードで、頻繁に検索されるキーワードをビッグワードと呼ぶ場合が多いのですが、

そのワードを軸にした3~4単語の複合キーワードをロングテールキーワードと呼びます。

 

 

これらのキーワードは、検索数は少なくても検索の意図が明確な為、

そのキーワードの意図を理解して詳しく解説したコンテンツを作成する事で

商品の購入やサービスの提供などの成約を上げやすいキーワードです

 

 

 

検索エンジンに上位表示させるための考え方として、ロングテールを使いましょう

 

 

 

ロングテールで成功例として有名なのがAmazonですね

Amazonは全体の売上の1/3をロングテールから上げているそうです。

 

 

なぜビックキーワード等では検索順位を上げることができないかというと単純にライバルが多いからです

 

ビックキーワードでは基本的には大企業やSEOの専門家などが上位表示させようと、

あらゆる手をつくしていますから、個人で上位表示しようかと思ったら

SEO対策を一生懸命講じたとしても勝つことは難しいです

 

 

 

ですから、個人がつくったサイトやブログで検索順位を上げて

検索エンジンに上位表示をさせるには、ロングテールキーワードを狙っていくことが重要になるのです

 

 

 

 

 

キーワード選定の基準

 

 

具体的にはどのようなキーワードでキーワード選定すればいいか考え方を解説していきます

 

キーワード選定をする際、人それぞれだとは思いますが何か基準をつけることをおすすめします

 

 

基準を設けることによりあるキーワードで売上がいくつか上がったら

この基準ではこのくらいの売上が発生するんだと目安になるからです

 

もちろん、選ぶ商品等によって結果は変わってくるかと思いますが、

成功しやすい基準というものは必ずできてくるからです

 

 

私の場合は、ロングテールキーワードでは『3語~4語』を目安として考えて

月に100回以上検索されている事を前提としてキーワード選定していきます

 

基本的には『4語』でのキーワードでの月間平均検索件数が100近くあったらそれはほとんど当たり単語と考えています

 

4単語ではなかなかニッチな場所にも関わらず、検索数があったならそれはお宝キーワードだと思います

 

 

もちろんすべてが、そういう訳ではないでしょうが、

こういう基準自分で作っとくとより次キーワードを選定する時、参考になるはずです

 

 

キーワード選定する際、あてずっぽうでキーワード決めて、当たったとしても、

次につながる考え方ができないので、次につながる考え方で取り組んでいきましょう

 

無料キーワード選定ツール等で簡潔にキーワード選定することも大事ですね

 

 

 

Googleで検索順位を上げる方法〖アルゴリズム要因から徹底検証〗

読了までの目安時間:約 3分

Googleで検索順位を上げる方法を解説していきます

 

 

GoogleはYahooは違う検索エンジンとして分かれていますがグーグルを基本としたアルゴリズムをヤフーは採用しているので基本的にはGoogleで検索順位が上がればYahooでも検索順位は上がるのです

 

 

なので検索順位を上げる為にGoogleのアルゴリズム要因に対しての対策を必要としていきます

 

 

グーグルで検索順位を定める為のルール(アルゴリズム)は2百以上あります

 

 

その200個以上のアルゴリズムに対してすべてに対策することは現実的ではないので、アルゴリズムの中でも、特に重要としている要因に焦点を絞って対策をしていくことが望ましいです

 

 

ある某サイトではGoogleが位置付ける検索順位を決める要因の重要ランキングが下記のようなのです

 

1 ドメインレベルでの被リンク要因
2 ページレベルでの被リンク要因
3 ページレベルのキーワードとコンテンツの要因
4 ページレベルのキーワード関連以外の要因
5 検索結果とのつながりとトラフィックの要因
6 ドメインレベルのブランド要因
7 ドメインレベルでのキーワード使用
8 ドメインレベルでのキーワード以外の要素
9 ページレベルでのソーシャル関連の要素

 

こう見るとやはり一番重要なのが外部からの被リンクが検索順位を上げる一番の要因になっていることが分かります

 

 

他にも、キーワードやコンテンツ、SNSなどが検索順位を上げる大事な要因になっていることもわかります

 

 

 

まとめ

つまり、外部リンクとしては被リンクを獲得することが一番の重要性を占めていて

 

内部リンクとしてはキーワード選定や記事のコンテンツが大事になることがわかります

検索順位を上げる為の必ず押さえてほしい5つのチェック項目

読了までの目安時間:約 7分

 

    • サイトのコンテンツの質を高くする

 

 

このサイトのコンテンツの質を高めることは何よりも大切だ

 

 

このコンテンツの質さえよければ、検索順位を上げ上位表示可能とすることさえ可能なのです

 

コンテンツの質を上げる為にはユーザーが欲しい情報を記事とするだけでできます

 

つまり、ユーザー側からの視点で記事を作成することが重要になるのです

 

 

 

    • キーワード選定を大切にタイトルでキーワードを含める

 

 

 

サイトタイトルはグーグルは何よりもサイトタイトルを優先事項として考えます

 

なのでタイトルと全然違う内容のサイトの場合、SEO的に物凄い空回りすることとなります

 

サイト内の内容と一致するキーワードでサイトタイトルにキーワードを含めるようしましょう

 

このサイトタイトルでライバルが少ないキーワードで作成したとしたら、検索順位を上げることは

かなり容易になります

 

 

しかし、全く検索されないキーワードでサイトを作成した場合、上位表示は簡単ですがアクセスが来ないサイトになってしまうので要注意です

 

 

グーグルアドワーズなどで月にどのくらい検索されているかを表示してくれるのでこのキーワードでサイトを作成するときめたら

必ず検索かけるよう癖付けましょう

 

 

そんな、ライバルがいないキーワードが見つからないって人はキーワード選定ツールサイトでキーワードを探す作業を省略してください

 

初心者にとっては特に有効になるツールがあると思います

 

 

 

    • 内部リンクによりユーザビリティを高める

 

 

 

内部リンクの貼巡りはユーザビリティを上げる為に必ず必要なことです

 

このユーザビリティが高い事によって検索順位も上がってくるのです

 

 

例えば、何かの記事を読んだときそれに関する情報が欲しい場合内部リンクがきちんとしていないと、その情報が載っている

 

記事にたどり着けないので記事終わりに関連記事のリンクが張っていると簡単にユーザーはその情報を手に入れることができるのです

 

 

またいくら内部リンクが張られていてもそれが逆に使いにくいのならそれはユーザビリティを無視しているこことなります

 

 

ある記事にたどり着くまでに何階層も下がっていかないと見れないのでしたらそれは利用勝手が悪いです

 

 

なので、基本的には3階層までにしましょう

 

 

そして内部のリンク全てクローラーが回ってくれるようサイトマップを開設する必要もありますね

 

 

    • 発リンク数の最適化をしよう

 
内部リンクに関しての発リンクは自サイトないのことなので問題はないのですが

 

他サイトへの発リンクにかんしてはユーザーが本当に必要な情報だけ貼るようにしましょう

 

あまり必要がないものを発リンクしてしまうと自サイトのパワーが落ちてしまうのです

 

このパワーをリンクジュースというのですが、これがなくなれば、たとえ自サイトにリンクを送ったとしても効果が少なくなってしまうのです

もしリンクジュースを失わずサイトの場所を知らせたいならハイパーリンクをしないで、urlだけを載せるのも手ですね

 

 

 

    • リンク切れは見逃さないよう気を付ける

 

 

 

コンテンツから外部や内部へリンクを送ることがあるかと思うが、リンク切れ(リンク先ページが存在しない)は避けたい。

 

これは、ユーザーの信用を落とすと同時に、検索エンジンの評価も落としてしまう。

 

 

自サイトから内外部にリンクを送る際、インターネットにないURLを送ってしまうとリンク切れと言ってページが表示されません

 

 

これはユーザーの信用はもちろん、グーグルの評価も下がってしまうのです

 

 

内部リンクに関しては自分が発リンクURLを間違えない限りリンク切れは起こさないと思いますが、外部リンク切れの場合これは単にURLの貼間違いとかではなく、相手側のドメインやサーバーが原因の時も出てくるので常に確認を怠ってはいけないです

 

 

このような発リンクを確かめる為に、一つ一つリンクをつなげることは大変面倒な作業になってしまうのでツールを使うことをおすすめします

 

リンク切れをチェックするツールは沢山ありますがこちらはシンプルで使いやすいです

検索順位を上げる為にはキーワード選定が必須

読了までの目安時間:約 2分

検索順位を上げる方法としてかなり大切なキーワード選定について解説していきます

 

 

 

キーワード選定を誤るとどうなるかというと、毎日記事を更新してある程度SEO対策をしたとしても

 

アクセスが全く来ないという事態もあり得ます

 

 

なぜかと言うとそのキーワードでは上位表示することが難しく、

 

ライバルが多いキーワードだったからか、全く検索する人がいなく需要がないキーワードだったかのどちらかがほとんどです

 

 

 

なので、キーワード選定はかなり慎重になってする必要があります

 

どのようなキーワードが有効なものかというと

 

ライバルが少ない且検索する人が多いキーワードで記事を作っていくと

 

アクセス数を稼ぐ事ができます

 

 

 

 

つまり、検索順位を上げることを考えるにはライバルが少ないキーワードを使うことが一番の近道なのです

 

 

 

検索順位を上げやすいキーワード選定!なぜライバルが稼げるジャンルで勝負すべきなのか?

読了までの目安時間:約 4分
8756

どうしてライバルが多いジャンルで勝負するべきなのか?

 

 

アフィリエイトをするのにもいくつかジャンルがあります

 

その中でもより稼ぐ事ができるジャンルがあるのですが、稼ぐ事ができる分、

他のアフィリエイターもそのジャンルに参入してくるのです

 

 

 

じゃあ、そのライバルたちに勝たなくては稼げないかと言うとそうではなくて

同じジャンルでもそのライバル達がいないキーワードでアフィリエイトすれば

稼げるジャンルで検索順位を上げることが容易でライバルが少ないアフィリエイトが可能になるのです

 

 

実際に稼げないジャンルで独占しても収入にならないのです(収益が入ったとしても少ないです)

 

それよりも、大きく稼げるジャンルでライバルたちが少ないジャンルで攻め込む方が断然稼ぎもよくなるのです

 

つまり2〜3語の複合キーワードで記事サイトを作成していくのです

 

 
そうすることで検索順位を上げることも容易になるのです
 

自分が参入するジャンルを決めたのなら、そのジャンルの中でも出費額が低いジャンルを選びましょう

 

例えば、綺麗になりたい人の為の健康食品をアフィリエイトする時に、

10万円する栄養食品を選ぶのか、1万円するものを選ぶのかでかなりアフィリエイトする難易度も変わってきます

 

 

 

基本的には、出費額が高いものほど買える人は少なくなってきます

 

つまり、絶対数が少なくなるものは選ばないことが無難です

 

しかし、高いけどこっちの商品の方が、かなり人気で売れている物だったり、アフィリエイト報酬の料率が圧倒的に高い場合は

その限りではないですね

 

 

まとめると、

財布から出るお金が少ない商品ほど、購入してもらう確率はあがりますのでアフィリエイトをするなら適当な商品になるのです

 

 

 

そして、これも実践してほしいことが、複数のジャンルでアフィリエイトしないことです

 

 

複数のジャンルでは知識も中途半端になってしまい、相手に納得のいく説明ができるサイトを作ることはできません

 

攻めるジャンルを決めたらそのジャンルを突き詰めていきましょう

 

そのジャンルではどのキーワードがライバルが少ないのか?

 

そしてニッチなキーワードでそのジャンルを多角的に攻めていくのです

 

そうすることにより、売れるジャンルでライバルが少ない所でのアフィリエイトが広がっていくので

報酬発生に大きく貢献することができるのです

 

最後になりますが、私がキーワード選定ツールを購入した際、参考にしたサイトです

 

自分のキーワード選定で検索順位で勝てるかどうかわからないなら検索しろ!

読了までの目安時間:約 4分

 

 

自分のキーワードで検索順位で勝てるかどうか迷う場面はアフィリエイトをしていたら必ず訪れる悩みです

それにもし、検索順位を上げたいと思っているならこのキーワード選定が本当に重要になってきます

 

それもアフィリエイトをしているとキーワード選定ツールに頼りがちですが、

初心者がキーワード選定ツールを使っても結局のところ分からなかったり

それに、あまり使えないキーワード選定ツールを使ってしまったりと、

リスクが高いので初めの練習としては、そのキーワードで検索してみましょう

 

(もし、使えるキーワード選定ツールで簡単に稼ぐ方法をお探しならこちらが比較されて紹介されているので便利です)

 

 

検索結果に、アフィリエイトサイトが一ページ目すべてに存在していたのなら

そのキーワードは確実にアフィリエイトで稼ぐ事ができるサイトです

 

逆に、アフィリエイトサイトが一つもないとするならば、

とびっきりの物凄いお宝キーワードか稼ぐ事が

難しいキーワードまたほとんど検索されることがないキーワードのどれかですね

 

 

後者の二つのどちらかの可能性がおそらく99%だと思いますので、

初心者はそのキーワードでアフィリエイトはしない方が無難ですね

 

 

じゃあ、アフィリエイトサイトがびっしりあるところでアフィリエイトすればいいのかと言われればそうではなく、

検索結果にアフィリエイトサイトが確かにいくつかあり知恵袋など質問掲示板やまとめ系が一ページ目に存在してたら

かなり稼ぐ可能性が大きいキーワードなのは確かです

 

 

 

それらのサイトはドメインパワーによって上位表示されているので

そのキーワードの内容で記事を制作していけばあっという間に抜くことができるでしょう

 

つまり、容易に検索順位を上げることができるのです

 

 

 

またいくらアフィリエイトサイトがあっても弱いサイトの場合でも検索順位を上げることが簡単で上位表示されやすいですね

 

この弱いと判断するにはいくつも判断材料を探す方法はありますがこれは少し難しいですので

初心者なら当たって砕けて経験を積むのもいいのですが、ライバルチェックするツールもいくつもあるので

利用するのも手ですね

 

 

このように決めたキーワードで勝てるかどうかを判断したいのなら検索するしかないですね

 

検索順位をずっと上げっぱなしでアフィリエイトで稼ぐ方法

読了までの目安時間:約 3分

シンプルで稼ぎを発生させ、更にそれをずっと継続させる方法を解説していきます

 

 

  1. アフィリエイトで取り扱う商品のサイトを開設します
  2. そしてサイト名は商品名にします
  3. 記事を1000文字以上で書いていきましょう
  4. 狙いキーワードは記事タイトルやh2、h3で使いましょう
  5. 狙いキーワードは商品+ワードでいくつも書いていきましょう
  6. 被リンクとか難しいseoの事は考えず上記の事を続けていきましょう

 

ほんとうこれだけで稼ぐ事はできます

 
この上記の事を続けていけば自然と検索順位も上がっていきユーザーが商品を見ることができるでしょう

 

それに商品名のタイトルとSEO的にも専門特化しているので検索順位も上がりっぱなしです

 
問題はその商品選びだと思いますが、これに関しては

 
メジャーすぎる商品はおすすめできません

 
そこそこ売れている商品で自分が少しでもその商品について知識があれば十分です

 

商品ともう一つのキーワードですが、これはグーグルのキーワードツールを使ってあぶりだす方法もありますが、それよりもその商品について興味がある人や、購入欲がある人はどんなキーワードで検索する考えて記事を書いていきましょう

 
例えば、商品+レビュー、商品+販売などはかなりその商品を買ってくれる確率があるユーザーです

 
また被リンク獲得のためのseoだったり、ツールを使って被リンク獲得したりなどはあまりする必要がないです

 
このサイトでは特化型のブログなので特別なseoを施すよりもその商品についての記事に時間を費やした方がより稼ぎにつながります

 
それによりシンプルで稼ぐ事ができるので知識を入れるために勉強時間が必要になりますね

 
それにその商品名がはいっている記事名で作っているのでよりその商品名のseoは勝手に高まるので毎日更新することによりより早く検索上位になることができるので稼ぎにも直結するのです

 

 

 

 

 

 

 

 

管理人


管理人の賢治です
極度の猫好きで、家には猫4匹飼っています
当サイトではなかなか、検索順位が上がらない人のためのサイトです

検索順位を上げる為の方法をどこよりも詳しく情報を発信していくのでよろしくお願いします

カテゴリー
相互リンク